こちらに共通ヘッダが追加されます。
HOME > 研究科の概要・特色・目的 > 特色あるイベント・授業>
2008年度公開シンポジウム・講演

2008年度公開シンポジウム・講演

総合政策科学研究科・総政会記念講演会 北京五輪銅メダリスト 朝原宣治氏(男子陸上)講演会

朝原宣治氏(男子陸上)講演会 チラシ

2008年11月9日
明徳館1番教室

北京五輪銅メダリスト 朝原宣治氏(本研究科在学中)を講師に招き、「北京オリンピック銅メダルへの軌跡」と題した記念講演会を開催。
本研究科教授真山達志政策学部長と、同ゼミ出身の山田享子氏(総政会副会長)との対談形式で行われ、感動のメダル獲得までの軌跡が語られました。

総合政策科学研究科 公開講演会 ASEAN新時代経済統合に日本が果たすべき役割

経済統合に日本が果たすべき役割 チラシ

2008年11月20日
至誠館3番教室

ASEAN(東南アジア諸国連合)の経済共同体としての発展の将来図を、日本が地域のリーダーとして果たし得る役割も含めて展望頂きました。 タイ政府商務省において貿易・投資の枠組みづくりに携わっているスパット・サグワンディークル氏による講演が、すべて日本語で行われたことも、講演会参加者には好評でした。

文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業」 ソーシャル・イノベーション型再チャレンジプログラム 有機農業推進フォーラム 「つくだ有機農業塾」による新たな有機農業コミュニティの創出を目指して

有機農業推進フォーラム チラシ

2008年11月22日
臨光館2階 204号教室 新町校舎

有機農業の推進を図る取組みとは?
今求められる、環境に優しく安全安心な生産の推進と地域消費、そして、そのネットワーク化を通じた循環型社会づくりについて考えました。
シンポジウム後に行われた交流会では、シンポジストを囲んで、参加者の方々が交流を深めました。

2008年度スポーツ政策シンポジウム スポーツによるソーシャル・キャピタル形成の可能性

スポーツによるソーシャル・キャピタル形成の可能性 チラシ

2008年12月6日
寧静館31番教室

本シンポジウムでは、森善朗衆議院議員(元内閣総理大臣)による「スポーツ立国の意義」、そして山田京都府知事による「スポーツと京都づくり」、 2本の基調講演が行われました。
その後、本研究科教授の真山達志政策学部長と、大八木淳史氏(本研究科在学中)によるキーノートレクチャー、参加者の方々とのクロストーク、 Q&Aの時間が設けられ、スポーツによるソーシャル・キャピタル形成の可能性について、さまざまな意見が交わされました。

■ 講演会の詳細はこちら