同志社大学大学院 総合政策科学研究科

研究科の概要・特色・目的

研究科長メッセージ

学部と研究科を有機的に結びつけた教育、研究指導体制を充実させていきます

研究科長 久保真人
1995年に独立研究科としてスタートした総合政策科学研究科は、2010年には政策学部(2004年開設)と統合し発展してきました。夜間や土曜日の授業を中心に、一般の院生のみならず、職業人もより高度な専門能力や研究能力が養えるようにカリキュラム体制を構築し、高度専門職業人や優秀な研究者を多く輩出してきました。
2012年に総合政策科学専攻博士課程(前期課程)では、それまでの公共・企業・国際を含む政策研究コースとソーシャル・イノベーションコースの2コース制としました。
研究成果を発信しアカデミックな世界で評価される力や社会をより良き方向に改革する能力を着実に身に付けられるように、研究指導体制を充実させてきました。このように本研究科では、皆さんが意欲的に研究課題に取り組めるよう支援していきます。また、2015年度からは、それぞれの専門領域をリードできる研究能力を養うため、前期課程に加え後期課程にもコースワークを設けました。