同志社大学大学院 総合政策科学研究科

教員紹介

富樫 耕介
富樫 耕介
とがし こうすけ

個人ホームページ
ktogashi※mail.doshisha.ac.jp
※は@に置き換えてください


研究テーマ

冷戦後の内戦に関する研究、旧ソ連地域研究(コーカサス)

研究内容

主に旧ソ連地域、中でもコーカサスの紛争を事例としつつ、比較や理論的手法を用いて研究を行っています。広い文脈では、冷戦終結後の内戦、特に分離主義紛争のメカニズムとダイナミクスを解明する研究に取り組んでおり、紛争の激化や鎮静化に果たす外部関与の役割なども研究しています。併せて、分離主義地域が中央政府の統制を離れる未承認国家問題や急進的イスラーム勢力によるテロなどについても研究しています。

指導可能分野

紛争研究(冷戦終結後の国家の解体と構築をめぐる政治変動と紛争)、旧ソ連地域研究(分離主義紛争とテロリズム)、平和政策(紛争への国際的関与)

主な前期課程担当科目

国際社会論研究

総合政策科学研究科を目指すひとへ

研究とは、ある意味で「独りよがり」です。自分がどうしても知的に引き付けられる現象を研究せずにはいられない。そうした私的欲求と、自分を突き動かす途方もない熱量があなたにあるとしたら、それに従うべきです。でも、同時に学問の心理を追求し、成果としてそれをまとめようと考えているのなら、社会的にその意義を表明できなければなりません。まず、自分がどうしてもこれに取り組みたいという研究があれば、私のもとを訪ねてください。その意義をいかに外部に示すのかは一緒に考えましょう。