同志社大学大学院 総合政策科学研究科

教員紹介

田中 秀樹
田中 秀樹
たなか ひでき
hidtanak@mail.doshisha.ac.jp

研究テーマ

労働者が「働きがい」を持って働ける人的資源管理/組織マネジメント、「人事部」の役割

研究内容

労働者が組織の中で「働きがい」を感じて働くために、組織(経営)側はどのような制度・サポートを行うべきなのか、職場環境(人間関係、仕事内容など)はそれらにどのような影響を与えるのか、などについて研究している。また、現在、働き方改革といった政策主導の職場・人材マネジメントの変化やコロナ禍によるリモートワークの浸透など、職場や人的資源管理において大きな変化が起こっている。それらの実態を調査して、今後の働き方・働かせ方の変化及びそれらへの対応などについても研究を進めている。他にも、テクノロジーやデータ整備の進展によって、人材マネジメントにおけるHRテック導入が進む中、人事部の役割がどのように変容しているのか、についても調査・研究を進めている。

指導可能分野

人的資源管理/組織マネジメント

主な前期課程担当科目

人材・組織マネジメント研究

総合政策科学研究科を目指すひとへ

企業政策研究では、その研究の前提となる理論的視点はもちろん重要(必須)ですが、フィールド(現場:労働者、労働組合、経営者など)との「対話」も必要です。ここでの「対話」とはインタビューなどに限らず、実践家が何を行っているか、などの観察・情報収集なども含みます。現場との「対話」を通じて、学問的のみならず実践的にも有益な研究を進めていただけることを期待しています。