同志社大学大学院 総合政策科学研究科

教員紹介

多田 実
多田 実
ただ みのる

メールアドレス

mtada@mail.doshisha.ac.jp

研究テーマ

政策における科学的意思決定について

研究内容

企業経営、公共政策などにおける多種多様な問題に対して、勘や経験だけに頼らず数理的(科学的)に解決することを研究しています。たとえば、買物時に提示するポイントカードの購買データは、コンピュータで分析することにより、販売促進のプロモーションや商品開発に活用できます。近年は、商品購入の要因や購買意欲、広告の効果といった定量化しづらいデータ分析に対して社会心理学などからもアプローチしており、価値主導型マーケティングのような新しい概念を「ソーシャル・マーケティング」の観点から地域活性化に応用することも試みています。

指導可能分野

意思決定論/ビジネスモデル/定量・定性調査/地域(エリア)マーケティング

主な前期課程担当科目(2019年度)

意思決定論研究

主な後期課程担当科目(2019年度)

企業政策特殊研究Ⅱ

総合政策科学研究科を目指すひとへ

大学院での研究は、学部のときより専門性が要求されるのはもちろんですが、専攻分野の周辺領域、 さらにはまったく異なる分野の知識から独創的な研究が生まれることがあります。 総政で是非ユニークなスペシャリストを目指してください。