同志社大学大学院 総合政策科学研究科

教員紹介

新川 達郎
新川 達郎
にいかわ たつろう

メールアドレス

tniikawa@mail.doshisha.ac.jp

研究テーマ

政府を巡るガバナンス改革に関する比較研究

研究内容

現代政府が機能する統治の様式についての理解が大きく変化し始めている。これまでの政府中心のガバナンスから、NPOやNGOなど市民団体を含む多様な担い手によるネットワークや政策コミュニティによるガバナンスに注目されるようになっている。このガバナンスの変化、そこにおける政府や民間の組織の構造・機能の変容、そして近年の行政改革が目指すガバナンス改革について、国際比較の観点も踏まえて、理論的・実証的に研究を進めることとする。

指導可能分野

行政学/公共政策/地方自治/ソーシャルイノベーション/市民参加と協働

主な前期課程担当科目(2019年度)

行政管理論研究

主な後期課程担当科目(2019年度)

ソーシャル・イノベーション特殊研究Ⅰ

総合政策科学研究科を目指すひとへ

縮小社会や縮退社会が指摘されるなかで、不況と好況が交錯し、格差が拡大する不安の時代の背後にある閉塞状況を超克するべく、政策科学的な思考に対する期待は大きいものがあります。学際的な理論研究および実証研究を基礎に、清新な政策研究による政策科学の刷新とソーシャル・イノベーション(社会の変革)を期待します。