同志社大学大学院 総合政策科学研究科

教員紹介

川浦 昭彦
川浦 昭彦
かわうら あきひこ

個人ホームページ

メールアドレス

akawaura@mail.doshisha.ac.jp

研究テーマ

発展途上国における民主主義と開発政策

研究内容

多くの発展途上国において、政治的意思決定の手続きの中で民主的なプロセスが重視されるようになって来ている。 この民主主義の浸透により、政策形成に携わる政治家・官僚の行動が変化し、政府予算等の公的資源配分に影響が及ぶ可能性がある。 民主主義と開発政策の間のこの様な関係を明らかにすることを研究テーマとしている。

指導可能分野

公共選択論/公共経済学/開発途上国経済/民主主義と経済発展

主な前期課程担当科目(2019年度)

公共選択論研究

主な後期課程担当科目(2019年度)

公共政策特殊研究Ⅰ

総合政策科学研究科を目指すひとへ

私たち社会が直面し解決を迫られている政策課題について、自分なりの問題意識を持って欲しいと思います。 そして、その課題に対処する方策を大学院で研究する過程で、政策に対する幅広い洞察力を身につけて頂きたいと思います。