こちらに共通ヘッダが追加されます。

SOSEI TALK

HOME > SOSEI TALK #11 page1

公共政策コース

正三角形を3つ寄せた同志社の徽章は、知・徳・体の三位一体あるいは調和をめざす同志社の教育理念をあらわすものと解釈されています。 この理念の体現を目指し、今年4月総合政策科学研究科に入学されたプロフィギュアスケーターの太田由希奈さんに、これまでの経緯を振り返っていただき、大学院で学ぶことの意義、そして今後の目標についてお話を伺いました。
出席者(川井圭司 教授、太田由希奈さん(総合政策科学専攻 政策研究コース))
於:今出川校地室町キャンパス・寒梅館中庭(2013年6月4日)

川井 今日は、本年4月に総合政策科学に入学された太田由希奈さんにいろいろとお話をお伺いしたいと思います。太田さんはフィギュアスケートの世界で、2002年ジュニアグランプリファイナル優勝、03年世界ジュニア選手権優勝、04年四大陸選手権優勝と輝かしい成績をお持ちです。また06年から樋口豊コーチに師事され、現在はプロスケーターやプロコーチとしてもご活躍です。太田さん、どうぞよろしくお願いします。
太田 よろしくお願いします。
川井 太田さん、フィギュアをずっとされてきたわけですけど、始めたきっかけ、そのあたりから話を聞かせてもらいたいのですが。
太田 まず私は家の近くのスイミングスクールに行こうとしたんですよ。それが当時の醍醐フィギュアスケートリンクの横に隣接していたプールだったんですけど、何か、そこで習い事をしようと思ったら、すごくプールのスクール申し込みが混雑していて。親が兄と私と二人を習わせようと思って、それで行ったんですけど、結局プールのところで申し込みが混み過ぎていて、私もそれは少し覚えていて。「いや、すごい混んでいるな」となって、隣を見たらスケート場があるから、「ちょっと涼みに入ろうか」みたいな。ちょっと夏で暑かったので、涼みに入ったら、先ほどとは全然違って、とりあえずすいていて、何か涼しいし。
川井 何年生ぐらいのときですか。
太田 それが5歳です。あ、4歳かな。
川井 4歳ぐらい。
太田 はい。
川井 近くに涼しい場所があるということで、「これはいいぞ」っと、兄妹そろって始められたと。
太田 はい、そうです(笑)。 その当時、醍醐フィギュアスケートリンクって2面リンクがあって、その1面を貸し切って、たった3人しか滑っていなかったんです。 上手な人たちは大きいほうのリンクで滑っていて、それを見ながら、こっちの貸し切りで3人ぐらいしか滑っていなかったから、「あ、こっちやろ」ということになったらしくて、そっちを始めました。
川井 本格的にフィギュアに没頭されていくというのは、いつ頃からですか。
太田 本格的に週5ぐらいで通い始めたのが小学校5年生ぐらいからだったんですけど。
川井 4、5歳から始めて、小学校へ入って小学校5年生(11歳)ぐらいまでというのは。
太田 まあ頑張ってはいたんですけど、小学校低学年の間って学童保育があるじゃないですか。そういうところで仲の良い友達が、けん玉や百人一首などをして遊んでいて。私はそっちが楽しそうで。
川井 あ、なるほど、なるほど。
太田 学童に入ってはいなかったんですけど、放課後、学校に残って遊ぶほうが好きだったので。だから、小学校3年生ぐらいまでは、それが終わってからスケートに行っていたから、そんなに長く滑っているわけではなく。
川井 なるほど。
太田 でも、なんとなく勘はよかったほうらしくて、「もっと練習、来なさい」となって、それで、ちょうど私が3年生ぐらいのときに一つ上のお姉さんが国際試合とかに行きだしたんですよね。 その人はすごく能力があったんですけど、それを間近で見ていたら、私もスロベニアへ行きたいとか、ハンガリーへ行きたいとかというふうになりだして、「そしたら頑張って練習しな行けへんよ」となって、そのあたりから少しずつは火が付いたんですけど。 でも、やっぱり小5ぐらいまでは、冬にスキーとかも行っていたので。ウインタースポーツ同士で、何かかぶっちゃっているんですけど。
川井 いろいろやったんですね。ゼミでバレーボールもやったしドッジボールもしたけど、太田さんの運動能力の高さというか、小学校のときに相当、活発に遊んでいたんだろなと、いい意味でね。
太田 はい。外で遊んでいました。
川井 やっぱりいろんな遊びがあって、それがスケートに最終的に集約されていくという感じですかね。
太田 ああ、そうですね。そうです。何か遊んでいました。一輪車で学校へ行ったりとか。
川井 圭司
川井 圭司
同志社大学大学院総合政策科学研究科
教授
太田 由希奈
太田 由希奈
同志社大学大学院総合政策科学研究科
総合政策科学専攻 政策研究コース

SOSEI TALK #15
SOSEI TALK #14
SOSEI TALK #13
SOSEI TALK #12
SOSEI TALK #10
SOSEI TALK #9
SOSEI TALK #8
SOSEI TALK #7
SOSEI TALK #6
SOSEI TALK #5
SOSEI TALK #4
SOSEI TALK #3
SOSEI TALK #2
SOSEI TALK #1