こちらに共通ヘッダが追加されます。
HOME > 研究科の概要・特色・目的

研究科の概要・特色・目的

次代の社会が求める「人財」。
高度な問題解決力を総合的に備えた政策エキスパートを養成します。

多様化・複雑化するとともに、世界のボーダレス化が進む現代社会がもっとも必要としている力。それは多角的な視野で問題を正しくとらえ、解決に向けての政策を的確に立案できる能力です。そして実際的な問題解決においては、自らが特定分野のスペシャリストであるとともに、さまざまなスペシャリストをうまく組み合わせて協働させるエキスパートとしての総合力が不可欠となります。
本研究科は、このような社会が求めてやまない力を身につけた人材の育成を目指す大学院です。実務との関わりを基本とした「開かれたアカデミズム」の理念に基づき、総合政策科学専攻[前期・後期課程]、技術・革新的経営専攻[一貫制博士課程]を設置。「総合性」「学際性」「現地性」という観点から築かれた新しい教育体系のもとで、専門職業能力の向上を目的とした教育・研究体制を構築するとともに、総合政策科学の分野で教育・研究にあたる人材の育成を推進しています。
それぞれの専攻およびコースでは、文系学部からの進学者だけでなく、理系学部卒業生などの多様な学生や社会人が教員スタッフとの創造的協働を通して、社会的諸課題を解決するための研究能力の研鑽に励んでいます。

総合政策科学専攻、技術・革新的経営専攻を設置しています。

研究科長メッセージ
システム ネットワーク
人材養成の目的 特色あるイベント・授業