こちらに共通ヘッダが追加されます。
HOME > 研究科の概要・特色・目的 > 特色あるイベント・授業>
2010年度公開シンポジウム・講演

2010年度公開シンポジウム・講演

度総合政策科学研究科・総政会記念講演会 クラーク記念館からのメッセージ - 重要文化財のすがた - 講師:鶴岡 典慶 氏(京都府教育庁指導部文化財保護課 文化財専門技術員)

クラーク記念館からのメッセージ チラシ

2010年11月7日
明徳館1番教室

総合政策科学研究科と本研究科同窓会・総政会の共催で鶴岡典慶氏を講師に招き「クラーク記念館からのメッセージ  - 重要文化財のすがた -」と題した記念講演会を開催した。 鶴岡氏は1893年に誕生した「クラーク記念館」の保存修理、修復工事の現場主任として従事され、クラーク記念館の歴史を始め修復工事をする中でのさまざまな出来事を講演された。

気象ネットワークシンポジウム 市民が進める温暖化防止2010
~気候変動の警告にどう応える~

市民が進める温暖化防止2010 チラシ

2010年11月20日
明徳館21番教室

総合政策科学研究科ではNPO法人気象ネットワークとの共催で地球温暖化防止シンポジウム「市民が進める温暖化防止2010 ~気候変動の警告にどう応える~」を開催した。 Angelina Davydova氏(ロシア・ジャーナリスト)による特別講演「気候変動・異常気象による被害」、山口二郎氏(北海道大学)による基調講演、 パネルディスカッションでは「地球温暖化防止の重層的取り組み、市民・NGOの役割」について活発に討議された。