こちらに共通ヘッダが追加されます。
HOME > コース紹介・時間割 > 総合政策科学専攻 ソーシャル・イノベーションコース[後期課程]

総合政策科学専攻
ソーシャル・イノベーションコース[後期課程]

総合政策科学専攻 ソーシャル・イノベーションコース[後期課程]
ソーシャル・イノベーションコースでは、町家キャンパス江湖館でゼミや社会実験を行っています。
京町家独特の“なつかしさ”が議論を盛り上げてくれます。

地域社会に生起する具体的課題を解決できる実践能力を
兼ね備えた行動型研究者・実務家を養成します

都市の中で孤立する高齢者の独居世帯や、雇用機会を奪われた数多くの失業者、限界集落が点在する過疎地など疲弊した地域社会の現実があります。
しかし、こうした社会問題の解決は、従来の行政への依存だけでは困難となっています。NPO・NGOなど主にボランティアがその担い手となる公益的市民活動に加えて、事業を通じて社会問題に取り組む社会的企業や、営利企業の社会貢献活動などが多層的に展開されることで、地域社会の課題解決を図っていく必要があるといえます。
本コースは、地域社会や企業の現場に大学院生自身が参加し、社会問題の解決のための研究と実践に主体的に取り組むことで、実践能力を兼ね備えたソーシャル・イノベーターやソーシャル・ビジネスマネジメントの専門家を養成することを目指しています。

コースの目的

地域社会に生起する社会的課題を解決し、より良い社会の実現をめざすソーシャル・イノベーターと高度なマネジメント能力を有する起業家を養成するために、教室での学習と社会実験施設や企業経営の現場での社会実践の双方を有機的に結びつけた教育研究を行っています。地域社会や企業経営という臨床の場で実践知を鍛え、それを理論的に練り上げることによって公共・企業・市民社会の各セクターを横断して、ソーシャル・イノベーションに寄与する実践能力ならびに高度な分析力・理論的創造力を兼ね備えた起業家や行動型研究者の養成を目指しています。

教育方法の特徴

ビジネスで用いられる事業的手法の活用や社会的ネットワークの形成によって「より良い社会」の実現を目指すソーシャル・イノベーターや、経営戦略や企業統治とともに企業の社会的責任を経営の柱に据えた革新的マネジメントを担う起業家を育成するカリキュラムを提供しています。民間企業のみならず、NPO・NGOなどの非営利組織や社会的企業、CSR活動などのサードセクターに関わるマネジメントや、地域社会や企業に生起する様々な社会的課題への処方箋となる理論と実践的解決手法を修得後、研究室で学んだ理論をキャンパス外での社会実践によって検証するため、地域社会や企業経営の現場での社会変革のための仮説を社会実験等の実践を通じてその妥当性を証明する論文の作成を行います。

将来の進路

NPO・NGOのリーダーや社会起業家、ソーシャル・ビジネスのマネジメントの専門家、ソーシャル・イノベーションの研究者として活躍することが期待されます。

総合政策科学専攻 ソーシャル・イノベーションコース[後期課程] カリキュラム