こちらに共通ヘッダが追加されます。
HOME > コース紹介・時間割 > 総合政策科学専攻 国際政策コース[後期課程]

総合政策科学専攻
国際政策コース[後期課程]

総合政策科学専攻 国際政策コース[後期課程]
国際政策コースでは、国際的な課題に対処できる人材の養成を目指します。
この写真は、コース所属学生と担当教員による授業の様子です。

経験豊かな教授陣による実践的な教育を通して
国際政策のエキスパートを育みます

私たちの社会は21世紀に入り、グローバル化、国際化の度を急速に強めています。国際経済面では相互依存関係が一段と進み、政治、社会面においても国際協調を必要とする課題が次第に増加しています。このような世界的な潮流と時代の要請に応えるために、本コースでは国内の公共、企業、ソーシャル等の各部門あるいは国際的組織において、国際的課題を処理することのできる専門職業人(外交官、国際公務員、国際ビジネスパーソン、NGO職員等)の養成を目指しています。

コースの目的

経済、社会、政治等を取り巻く国際的課題を、グローバル化、国際化の視点に立って理論と実務の両面から体系的に学び、将来国内外で活躍できる国際政策のエキスパートを養成します。

教育方法の特徴

国際機関、在外公館、中央省庁、企業等の第一線での豊富な国際経験を持つ教授陣が、国際法、国際政治、国際経済、国際ビジネス分野の理論と実務を架橋するプログラムを通して、より実践的な教育を行います。

将来の進路

修了後は、国際機関やNGO・NPO、また民間企業等の組織で、国際政策のプロフェッショナルとしての活躍が期待されます。

総合政策科学専攻 国際政策コース[後期課程] カリキュラム